どうも、32歳子無しマーケターです。

凍結した卵子でご出産された44歳女性の記事を見て、極寒のシンガポールから現地レポートをお届けしたくなった。「え?シンガポールって、常夏の楽園なんじゃないの?」と思ったあなた。私も今まではそう思って暮らしてきたし、事実気温計は今も29度を指している。でも寒い。それでも寒い。何がって、心が寒い。

そう、今シンガポールには、子無し女性を凍らせる大寒波が到来しているのである。

先日、アラサー女二人でビーチに行き、赤ワインで気持ちよく酔っ払った帰り道のこと。上機嫌で乗換駅シティホールに降り立った私たちを待っていたのは、駅全体を精子くんと卵子ちゃんが懸けめぐる、こんな大規模広告だった。

DSC_0360 copy DSC_0362 copy DSC_0363 copy DSC_0364 copy DSC_0365 copy

もうやめて!私たちアラサーのライフはゼロよ!

広告主は「I love children」なるNPO法人。出生率向上を目指して、2005年から活動してるらしい。当然このキャンペーンには、「デリカシー皆無」「傷ついた」「品がない」など多くの批判が寄せられているわけなんだけど、担当者は「まあ、わざとです」と余裕のコメントを発表。むしろ、反響が多くてウハウハらしい。

うーん。「まだ産まなくていっか」と人生を謳歌している子無し女性としては、すごく痛いところを突かれて凍ったよね、バキバキにね。でも、早く産まなきゃ妊娠しにくくなるのは事実だから、なんにも言えない。「ぐぬぬ」しか出てこない。

そしてマーケターとしては、予算を投下してメッセージを伝えるなら、これくらい強烈にやるべきなのか、って一抹の思いもある。少なくとも、当たり障りのない広告では得られなかった認知度を獲得してはいるわけだから。

けどさ。負け犬の遠吠えかもしれないけど、あたしこの広告見て「よし!じゃあ今夜は夫と頑張っちゃおうかな☆」って気分には絶対ならないよ。こういうキャンペーンの短期的な目標として「まず知ってもらうこと」「話題にしてもらうこと」はたしかに有効。でも、一番大事なのはそのNPOが最終的に目指してるゴールを達成することだと思う。というわけで次回は、「よっしゃ、子供作ろうぜ!」って気分にさせてくれるキャンペーンをお願いしますねI love childrenさん。え、言われなくても作れって?も、もうやめて……。

Share Button